新着ニュース

情報通信で未来を支えたい

NTT東日本 岩手支店長 星 伸寿 さん(50)

 「青森や秋田での勤務経験はありますが、岩手は初めてです。穏やかで真面目で『正しいことをしっかりやる』気質が、岩手の県民性なのだな、と日々感じています」と岩手での感想を語るのは星伸寿さんです。

東北と関わる仕事がしたい

 星さんは2019年7月、東日本電信電話(NTT東日本)岩手支店長として赴任。宮城県仙台市で生まれ育ち、地元の大学を卒業しました。そして、1993年に現在の日本電信電話(NTT)に入社します。
 「ちょうどバブルが崩壊した年でしたが、安定感のあるNTTは人気だったので」と笑う星さん。
 
 しかし、胸にあったのは、ふるさと東北への思いでした。「地域の産業の活性化や商店街の活性化」を卒論のテーマに選ぶなど、地域振興に関心があった星さん。

「まだインターネットは普及していませんでしたが、情報通信技術(ICT)が注目されてきたときで、
卒論と直接リンクはしませんでしたが、
『この技術が世の中のさまざまな分野で役立つ時代が来る』
『情報通信の分野で東北の力になりたい』という漠然とした思いがありました」

 入社後は、フレッツ光のサービスを考えたり、マーケティングを担当したりといろいろな仕事をしてきたという星さん。
 「当時、世の中はポケベルの時代でしたので。インターネットといっても、ほとんどの人がピンと来ない時代。そんな時代に、インターネットでこんなことができるようになります、という提案をしていました」。

 秋田、山形支店などを経て、その後、NTT東日本(NTTの再編成に伴い1999年設立)本社へ。光ファイバーを使ったインターネット回線「フレッツ光」の普及促進などに携わったほか、2016年には、グループ会社のNTTドコモに出向。文科省が推進する、ICTを活用した学校教育を推進するプロジェクトの中心的役割を担います。
 「熊本地震後の学習支援として、小学校の授業にタブレットを導入する提案をしました。生徒に少し元気がないなかで、タブレットを手にした子どもたちの目は輝き、楽しそうに学習しているのを見て、『授業がこんなに盛り上がったことはなかった』と聞いて。『環境で意欲が変わる』ことを実感しました。ICTはそのお手伝いができるんだ、と」。
 こうした経験をもとに、「地域協創・ICT推進室」を設立。星さんは室長としてチームと議論し、農業や交通、福祉などもっと役に立てる分野があるのではないかと考え、幅広く情報通信を繋いでいきます。

地方と都市部のギャップを埋める

 「地域協創・ICT推進室での取り組みは、学生時代から漠然と考えていた『地域の産業の活性化』というテーマと、NTTで積み重ねた経験が生かされた事業でした」。

 そう振り返る星さんは、岩手でもICTを活用した提案をどんどんしていきたいと考えています。
 「インターネットやAIは日々進化し、さまざまなハンディキャップや社会課題の解決に役立つレベルになっています。しかし、岩手は物事の進め方が丁寧であるがゆえに、そうした技術のメリットを生かしきれていないと感じます」。

ネットワークを使用した会議風景

 さらに、新型コロナウイルスの影響により、世の中の企業が在宅勤務やウェブ会議を取り入れ対応しているなか「岩手は感染未確認地域ということもあり、リモートワークへの移行はそれほど進んでいない」とのこと。「新型コロナウイルスをきっかけに、世界はますますオンラインやリモート化が進むでしょう。丁寧で着実という岩手のよさを生かしながら、効率化できる所はしていく。そのお手伝いができれば」と話します。

 農業や漁業、医療、働き方改革など、さまざまな課題解決に活用されているICTですが「これからは、地域に産業をつくることにも生かしていきたい」と星さん。例えば、地元農家やITベンチャーと共同で、高度な生産性と品質を実現する農業会社を立ち上げたり、eスポーツを世界に発信したり。「他県で海苔の漁をしている方がいたのですが、昔から決まった時期に決まった所で漁をすると良いという先代の教えがありました。しかし、データを取ってみると違った、なんてこともあります。時代は変わっていきます」「地方でもできる」「地方だからできる」ことを提案していきたいと意気込みます。

 「情報通信で東北の力になりたい」という思いは、今も星さんの原動力。
 「岩手は、20年ぶりの東北勤務。岩手でご縁をつくり、少しでも多くの方々の役に立ちたいと思っています」と語ってくれました。


NTT東日本 岩手支店長 星 伸寿 さん(50)


1969年生まれ。仙台市出身。東北大学経済学部卒業後、日本電信電話(NTT)入社。黎明期だったインターネットサービス「フレッツ光」のマーケティングなどに携わる。

東日本電信電話(NTT東日本)埼玉事業部営業企画部長、NTTドコモ地域協創・ICT推進室長を経て、2019年より現職。趣味はジョギングで、毎年数回のマラソン大会を目標にしている

関連記事

ページ上部へ戻る