新着ニュース

碁石五人衆の物語(第二作)

五人は中国各地で名誉を授かるも、惜しまれながら生まれ育った日本に帰りました。
その後代々と武家や商家の影・表となって大きく日本国の戦略的発展に寄与する事になりました。
石を引き継いだその五人の血筋が現代になり、
世界を飛び回る最高峰のビジネスマン生活をしていましたが、
2011年3月11日、東日本大震災が起き、その時…五人の継承者が持つ金色の碁石が光り輝き、
彼らは気を失い、そこに現れた初代先祖が言う教えをもとに、
最初に石を手に入れた地、三陸岩手・碁石海岸に向かい、
その地で数々の功績を挙げて碁石によって囲碁を説き人を育てて、
三陸を復興させると言う物語が、この碁石五人衆の物語です。
その五人の名前は、黒石打碁(くろいしうちご)、白石碁光(しらいしごこう)、
版台網目(ばんだいもうもく)、限北椿(げんぽくつばき)、和亀始(わかめはじめ)、
彼らは工学、農学、医学、教育、経済の博士号最年少所有者である。・・・つづく
作家:花尾穂実田/提供:椿の森Mini

関連記事

ページ上部へ戻る