新着ニュース

碁石五人衆の物語(第三作)

黒石打碁はドイツ・シュツットガルトにて自動車工学界で偉大な発明をした人間で、
碁石海岸の石から特殊磁石金属を作り出し、それを使い技術開発をする事を心に決めていた。
白石碁光は、太陽エネルギーと海水を使い、栽培にて成長率を高める農業システムを、
オランダ王国唯一、農学部のあるワーヘニンゲン大学にて開発した日本人で、
大学から数人の学生も引き連れて碁石に訪れ、農業の復興を狙いました。
板台網目は、遠隔手術テクノロジィーを、スタンフォード大学で開発チームに参加した日本人唯一の医師だった。
震災直後の医療手当に従事し、地域医療日本一を狙う医療の仕組みを、この地に開発する事を心に誓いました。
限北椿はマサチューセッツ工科大学で教育システムを開発し、米国政府で先進教育の仕組み作りをしていた。
和亀始は、オックスフォード大学でMBAを取得、その後、地方の経済立ち上げと被災地の経済歴史を徹底調査をして、
この三陸の経済発展計画を胸に抱いて瓦礫撤去をしていた…つづく

作家・花尾穂実田/提供:中の橋通り美食パスタ・椿の森Mini

関連記事

ページ上部へ戻る