新着ニュース

欲しい栄養素で作り分け【ちくわの卵巻き】

食生活が気になるシニアたちに向けた簡単料理企画 健康おやじごはん

 完全栄養食品と言われる卵。良質なタンパク質やビタミンが豊富で、卵黄には脳にいい影響があるコリンという物質も含まれています。ですがコレステロール値を気にする方は食べるのを控えている方もいるのではないでしょうか。高血圧や高脂血症など持病をお持ちの方、カロリーが気になる方は白身や野菜で作ったちくわ巻きがおすすめです。


ちくわの卵巻き[材料(3〜4人分)]

〈材料3〜4人分(1食 約487kcal)〉
ちくわ(4本)、卵(2個)、きゅうり(1本)、マヨネーズ(適量)、オリーブ油(適量)、※飾り用でベビーリーフ、レモン、ピンクペッパー(こしょうでも代用可)


〈作り方〉

  1. 卵を割り、卵黄と卵白に分け、それぞれかき混ぜる。
  2. きゅうりをちくわの穴のサイズに合わせて切り、ちくわの穴に詰める。
  3. フライパンを熱し、溶いた卵黄を薄く敷いていく。火が通る前にちくわ(②とは別)を載せ、巻いていく。
  4. 卵白も同じように薄く焼き、ちくわを巻く。(③の工程と前後しても可)
  5. ②〜④のちくわを4等分に切る。
  6. 皿にちくわを盛り、ベビーリーフ、レモン、余った食材などで飾る。マヨネーズ、オリーブ油、ピンクペッパーをトッピングしたら完成。

【シニアズ2022年3月27日4月号】欲しい栄養素で作り分け【ちくわの卵巻き】

〈ひと言アドバイス〉
 ちくわから塩味と旨味が出るので味付けは不要。塩分が比較的多めな食品なので、減塩タイプのちくわで料理するのがいいでしょう。

■取材協力 遊食屋 FUJI NEXT HPはコチラ

関連記事

ページ上部へ戻る