新着ニュース

  1. 畳一筋、次代へ繋ぐ

    畳製作1級技能士  岩手中央高等職業訓練校校長   角掛 全功さん(74)道具箱ひとつ抱え修練を重ねる 盛岡市中央通にある創業90余年の「角掛畳店」で、大きな畳を一針一針丁寧に手縫いで修復しているのは、2019年度の卓越した技能者として「現代の名工」に選ばれた角掛全...

    続きを読む
  2. 少子高齢化を語る

    盛岡市長  谷藤 裕明さん(69)株式会社シリウス代表 佐藤 幸夫さん(71) 盛岡市は、「ひと・まち・未来が輝き 世界につながるまち盛岡」(市総合計画)を目指す将来像に掲げ、「人がいきいきと暮らすまちづくり」「人が集い活力を生むまちづくり」などの基本目標を設定し、総合的計画的にま...

    続きを読む
  3. 危機感を持つことが活力源

    料理研究家 小野寺 惠 さん(60) 盛岡市向中野の教室から聞こえてくるのは、楽しそうに製パンを受講する声…。開設から29年目を迎える「小野寺惠パン洋菓子教室」は、これまで延べ1000人以上の生徒が通う教室となりました。

    続きを読む
  4. 未来へ紡ぐPTA活動

    盛岡市内近郊の各高等学校PTA会長の皆さん (写真右から) 盛岡市立高等学校PTA会長 井上美智子さん 盛岡工業高等学校PTA会長 鈴木圭さん 盛岡南高等学校PTA会長 山崎千晶さん 盛岡農業高等学校PTA会長 澤瀬純一さん岩手県高等学校PTA連合会会長 盛岡第一高等...

    続きを読む
  5. 人の支えに感謝して

    岩泉といえば日本三大鍾乳洞の龍泉洞が有名ですが、今や龍泉洞と肩を並べるほど有名になっている名産品が「岩泉ヨーグルト」。その岩泉ヨーグルトを製造・販売しているのが岩泉ホールディングス株式会社代表取締役の山下欽也社長です。

    続きを読む
  6. 東北人の義と誠

    ● 東北・山形県での祖父母との暮らし 神奈川県横浜市で生まれた水谷さんは3歳の時に父親を亡くし、山形県に住む祖父母の元に預けられました。小学6年生まで、冬には2メートルもの雪が積もる豪雪地帯の南陽市で過ごしたそうです。

    続きを読む
  7. 矢巾新附属病院を語る

    9月21日、矢巾町にいよいよ新岩手医大附属病院が開院します。新しい施設は、手術、入院を中心とした高度な診断治療を行う特定機能病院として、北東北・北海道までをカバーする規模。病床1000床、世界に誇れる最新鋭の医療機器を備え、より高度な医療を提供する病院として生まれ変わります。

    続きを読む
  8. 信頼される地域医療の実現を

    世の中の高齢化が進み、医療に頼る機会が増加する現代。そんな社会構造の中で地域住民と地域医療の信頼関係強化に臨む、「一般社団法人岩手県医師会」の会長に昨年6月に就任した小原会長から、今後の地域医療に対する考えや展望についてお話を伺いました。

    続きを読む
  9. もっと身近な鉄道を目指して

    IGRいわて銀河鉄道株式会社代表取締役社長浅沼 康揮 さん(61)地方人口が減少し、大都市集中の加速化が進んだ平成が幕を下ろし、新たな時代の幕開けとなりました。

    続きを読む
  10. 宮沢賢治の持つ世界観に共感

    東方学会永年会員・日本文藝家協会会員いわて教育文化研究所 顧問吉見正信さん(90) 今回のシニアズ特集にご登場いただいたのは、本紙でも連載を続けてきました吉見正信先生です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る